風俗は情報収集が肝

結果的にはマイペースかな

これまで風俗とはいろいろな形で遊んできましたけど、やっぱり自分のペースで遊ぶことこそ、何よりも大切なんじゃないのかなって気持ちになってきたんですよね(笑)これは本当にそう思うんですよ。なぜなら、風俗って女の子とどんなコンディションで会うのかって部分も大切なんですよね。それこそ余裕の無い時に慌てて風俗嬢と一戦を交えても、自分の思った通りの時間にならないので消化不良になってしまったり。いつだったかは、お金にあまり余裕がない時だったのでかなり短時間のコースにしたんです。その時はイケたんですけど、最後の方はかなり強引というか、たのしもうっていうよりもましてや快感をとかじゃなく、とにかく出すことに精いっぱいになっていたんですよね。それもそれで悪くはないって思うかもしれないんですけど、自分はやっぱあり余裕の中で自分の思った通りのプレイを楽しみたいので、精神的にも金銭的にも余裕のある時にマイペースに楽しむくらいが丁度良いんじゃないかなって思ったんですよね。

フロントから見えてくるんです

自分が風俗を選ぶ基準の一つに、フロントの応対があるんです。お店のホームページを見たり、あるいは在籍している風俗嬢を見て判断することもありますけど、それら以上にフロントも重要ですね。なぜなら、結局フロントってそのお店のことを端的に表していると思うんですよね。フロントがしっかりしている所は女の子のサービスも比例してしっかりしているなって感じています。だから電話で軽くフロントと話すだけでもある程度は判断出来ますよね。むしろ自分はそこをかなり重視するようになりましたね。フロントも風俗店によってそれなりの責任者のケースもあれば、幹部候補生がしているケースもありますけど、誰がフロント業務を行っているとしてもお店の雰囲気というか、方針は絶対に出る部分ですよね。それに、フロントにいい加減な対応をされたらそれだけでこっちのモチベーションもさがっちゃいますし、判断材料としては悪いものではないのかなって思っていますけどね。