風俗は情報収集が肝

マシュマロのようでした

彼女のボディ、マシュマロのようにふかふかでした。白くて柔らかいあのボディ。それがとにかく素晴らしかったんです。あのボディを堪能出来る男は幸せだなって、堪能している自分で思いましたからね(笑)なんでそんな気持ちになったのか。きっと彼女のマシュマロボディのおかげで彼女の存在そのものにかなり感情移入していたんじゃないかなって。風俗は感情移入した方が、より熱戦になるって話もありますけど、それは強ち間違いではないんじゃないかなって思いましたね。しかも性格にではなく体にここまで感情移入するとは思っていなかったんですよ。感情移入するなら性格になのかなって思っていましたけど、そうでもないんだなってことに気付かされました。だから、外見だけでも感情移入出来るので、これから風俗を楽しむ時には体でもスタイルでも、とりあえず自分が感情移入できる部分を探すのが良いのかなと。気持ちがこもれば、結局はそれだけでこちらも感情移入出来るって話ですし。

諦めきれなかったんです

いつ電話予約を入れても既に埋まっていたいる風俗嬢がいたんです。正直、もしかしたら本当はいないんじゃないかっていう気持ちもありました(笑)不動産でもあるじゃないですか。物凄い目玉物件は、実はすでに借りられているけど、客寄せパンダ的に掲載しているような物件。彼女もまた風俗店でのそれなのかなって思いも頭をよぎりました。もしかしたら彼女は実在していないんじゃないか。でも、そう思ってもやっぱり諦めきれなかったので何度も電話したんです。それでようやく彼女の予約をゲット出来たんですよ。それで喜び勇んで彼女との時間を楽しんだんですけど、やっぱり予約は本物だったってことでしょうか。なぜなら、彼女のスタイル、そしてテクニック。どれも本当に凄かったんです。自分もここまで楽しませてくれるのかっていう感動がありましたしね。だからこそ、彼女との時間を一緒に過ごせたら、リピートしたくなる男の気持ちも分かりますね。彼女レベルの風俗嬢、そういないかなと。